信用取引の基本について

信用取引の基本について

株式の購入などで、信用取引という取引を行うことができます。これは証拠金と呼ばれる資金を口座に預けて、その数倍の金額で株式の売買を行えるものです。いわゆるレバレッジをかけることで大きな取引ができるようになります。さらに現物株は株式の購入とその決済しか行えないものですが、信用取引ならば空売りと呼ばれる売りのポジションを建てることができます。これは、証券会社から株式を借りて売却する行為となります。そして一定期間のうちにそれを買い戻しして、借りた株式を返すことになります。株価が下がれば、売却時よりも安い金額で買い戻すことができるので、その差額を利益として得ることになります。下げ相場でも利益を出せるために、多くの投資家が利用しています。

どのような取引ができるのか

信用取引を利用すれば、様々な取引を行えるようになります。例えば値上がりする銘柄を購入し、値下がりするとみられる銘柄を空売りすることで両建てと呼ばれるポジションをつくることができます。その利点として、例えば震災などのニュースにより株式市場が大きく下落するような場合、買いポジションは損失を生むことになりますが、空売りしている銘柄では利益を生むことになります。つまり、急激な相場の動きがあっても損失を回避することができるわけです。リスクを抑えた投資が可能となるわけです。さらに、下げ相場においえ保有している株式を売りたくない場合、空売りをすることでリスク回避をすることになります。十分に下がったと思うところで空売りを決済すれば、その分は利益として得ることができます。

© Copyright Credit Card Number. All Rights Reserved.