信用取引についての基礎知識

通常の取引と何が違うのか

まずは信用取引とはどういうものなのか、簡単に説明していきます。一般的に言えば、手元の現金以上の取引をするということです。例えば二倍の取引ならば、10万円を使って20万円分の取引をすることになります。通常の取引ならば、1万円の利益が出るトレードをしたときには、2万円の利益が出ることになります。手元の現金に対してそれ以上の取引をすることが出来る、そういうことをしても良いですよという「信用」をしてもらう取引なのです。
もちろん、反対のケースもあります。損失が出るときにもその金額が増えることになります。上の例で言えば二倍に増えます。儲かるにしろ損するにしろ信用取引で信用してもらった分、金額が増えるのです。

信用取引の実際について

では、実際に信用取引をするときにはどのようにすれば良いのでしょうか。多くの場合、この取引をしたときにはもともとの金額以上の損失が出る可能性が有ることに注意をしなければなりません。
上の例で言えば、手元に10万円有って、それを使ってトレードするとします。通常の取引でそれを全部損してしまうようなトレードをしてしまったとします。すると、この取引では20万円の損失になるのです。もともと10万円で始めても20万円の損失が出るのです。元本割れする可能性が有るのが信用取引なのです。
ただし、証拠金という信用してもらうための預け金が無くなった段階でそれ以上トレード出来なくなったり、投資対象がある金額になったら決済する、という取引方法も有りますので有効に使いたいところです。

© Copyright Credit Card Number. All Rights Reserved.